東海ステークス2019
インティ ヒイラギawaji
スマハマ 吉澤Sウエスト
モルトベーネ 信楽牧場
グレンツェント ノーザンF天栄
アングライフェン 大山ヒルズ
メイショウスミトモ 三重ホースTC
カゼノコ グリーンウッド





アメリカジョッキークラブカップ2019
ジェネラーレウーノ ノーザンF天栄
ステイインシアトル ノーザンFしがらき
シャケトラ ノーザンFしがらき
ミライヘノツバサ 阿見TC
フィエールマン ノーザンF天栄
アクションスター 吉澤Sイースト
マイネルミラノ ビッグレッドF鉾田
メートルダール ノーザンF天栄
ダンビュライト ノーザンFしがらき



最近少し注目している外厩。
重賞において、外厩ノーザンF天栄とノーザンFしがらきはチェックしていきたい。
天栄としがらきで調整された出走馬はどれだけの確率で馬券内にくるのかなどに注目してデータを取っていく。
やはり社台系の馬は距離が大事。



 


中山金杯2019
外厩馬
タニノフランケル 吉澤ステ
コズミックフォース ノーザンF天栄
ランガディア ノーザンF天栄
エアアンセム 山元トレセン
ヤングマンパワー ノーザンF天栄
ウインブライト ビッグレッドF鉾田
タイムフライヤー 山元トレセン
ブラックバゴ ノーザンF天栄
ステイフーリッシュ グリーンウッド
マイネルサージュ ビッグレッドF真歌


京都金杯2019
外厩馬
サラキア ノーザンFしがらき
カツジ ヒイラギawaji
バリス 山岡トレセン
アドマイヤアルバ ノーザンFしがらき
ヒーズインラブ ノーザンFしがらき
リライアブルエース ノーザンFしがらき
ゴールドサーベラス 高橋TC
ツーエムマイスター 宇治田原優駿S



シンザン記念2019
外厩馬
ヴァルディゼール ノーザンFしがらき
ゴータイミング グリーンウッド
ドナウデルタ ノーザンFしがらき
ミヤケ 宇治田原優駿S
パッシングスルー ノーザンF天栄
シャドウエンペラー 宇治田原優駿S






 
↑↑応援宜しくお願いします↑↑















特徴的な傾向が見られる重賞

かつては東西の金杯は共に芝2000メートルだったが、京都金杯は2000年以降、芝1600メートルで行われている。同年以降の優勝馬延べ19頭のうち17頭は関西所属という点など、このレースには興味深いデータがいくつかあるのが特徴的。過去10年の結果をもとに、レースの傾向を見ていくことにしたい。

単勝人気別の成績に特徴あり

京都金杯で最も特徴的と言えるのが、単勝2番人気馬の成績がいまひとつということ。過去10年では、2着が1回、3着が2回あるものの優勝はゼロで、2番人気馬の優勝は、1985年(昭和60年)のメジロトーマスまでさかのぼらなければならない。また、単勝オッズ別の成績では、7.0から9.9倍が苦戦気味。10.0から14.9倍の成績が良好であるのに比べると、好走率が低くなっているのが特徴的だ。なお、15.0倍以上の馬が優勝していないのも特徴的だ。〔表1〕〔表2〕

A+ Gallery_11

A+ Gallery_10

内枠が優勢

京都金杯が行われるのは、1回京都競馬の開幕日。前年最後の開催から約1か月間隔が空いている。そこで、過去10年の枠番別成績を調べると、優勝馬10頭のうち9頭が4枠より内の枠の馬だった。2着、3着も同様に内寄りの枠の馬が多く入っている。〔表3

A+ Gallery_9

負担重量別の成績にも偏りあり

過去10年の京都金杯では、負担重量が54キログラムだった馬と56キログラムだった馬の優勝がない。その間の55キログラムの馬が3勝を挙げているのとは対照的だ。優勝が最も多いのは5勝の57キログラムだが、3着は0回となっている。また、57.5キログラム以上の馬は優勝がないものの、2着と3着に各3頭入っており、それらの6頭は全て単勝2~6番人気の支持を受けていた。〔表4〕

A+ Gallery_8

前年秋のGⅡ・GⅢでの成績にも要注目

過去10年の京都金杯では、「前年9月以降のGⅡまたはGⅢで6着以下に敗れていた」という戦績を持つ馬が毎年連対している。このあたりを頭に入れつつ、予想を組み立ててみるのも面白そうだ。〔表5〕

A+ Gallery_7

2走前までに「5着」があった馬が3年連続で優勝

過去3年の京都金杯では、2走前までに「5着」となった経験を持つ馬が優勝を飾っている。今回もそのような馬が出走してきたら、注目してみたい。〔表6〕

A+ Gallery_6



↑↑応援宜しくお願いします↑↑

↑このページのトップヘ